資産運用を始めてみましょう!

「投資信託」はプロに資産運用を委託しているために、購入時、保有時、換金時と手数料がかかってきます。

お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

あなどれない投資信託にかかる手数料とコスト

「投資信託」は各分野に精通したプロに資産運用を委託しているために、購入時、保有時、換金時とそれぞれのところで手数料がかかってきます。収益性を判断する際には、こうした手数料の分もふまえて考えて選ぶ必要があります。

購入時の手数料

「投資信託」を購入する時に、通常は「申込手数料」がかかります。手数料率は各投資信託、または販売会社によってことなります。一部の商品では、手数料のかからない「ノーロイドタイプ」といったのものもあります。MRFやMMFが「ノーロイドタイプ」の代表です。

保有中の手数料

「投資信託」を投資家が保有している間は、「信託報酬」「売買委託手数料」「監査費用」といった費用が「投資信託」の中で差し引かれます。この中でも「売買委託手数料」は、「投資信託」の運用にあたってかかるコスト。保有中に株式や債券などを購入したり、売却したりしていますが、これら有価証券の「売買委託手数料」が発生するたびに徴収されるものです。手数料については「運用報告書」で事後報告の確認ができます。

換金時の手数料

換金時にかかる手数料は「信託財産留保額」があります。換金時の基準価格に対して一定の率をかけ算出された金額が投資家から徴収されるもの。この金額は「信託財産」の中に繰り入れられます。また、この手数料がかからない「投資信託」もあります。

あわせて読みたい記事



Copyright(c) 2018 資産運用を始めてみましょう! All Rights Reserved.