資産運用を始めてみましょう!

「投資信託」を途中で換金する場合は、「買取請求」と「解約請求」の2通りがあります。

お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

2パターンある中途換金の方法「買取請求」と「解約請求」

「投資信託」を途中で換金する場合は、「買取請求」と「解約請求」の2通りがあります。
「買取請求」は販売会社を介して、信託財産を買い取ってもらう方法。販売会社は後に運用担当をしている投資信託委託会社に解約請求をします。
「解約請求」は販売会社を通して、中途換金したい信託財産に対して解約を請求するものです。これはクローズド期間中に解約する場合に使われる方法。クローズド期間とは、投資信託を効率的、計画的に運用促進するために、購入後、一定期間(商品によっては償還時まで)は原則として換金できないように設けられたもの。期間中は本人の死亡など限られた条件以外は換金できないため、中途換金には一般的に「解約請求」が使われます。
「解約請求」「買取請求」どちらの中途換金でも、「譲渡所得」として申告分離課税扱いになります。「投資信託」の換金のしくみについては、商品によって異なります。

長期公社債投信

いつでも換金可能ですが手数料がかかります。

MMF、中期国債ファンド

購入後30日以内は「信託財産留保額」が差し引かれますが、それ以降は手数料なしで換金できます。「信託財産留保額」とは、解約によって生じる組み入れ証券などの売却費用について、投資家の間での公平性をはかるために、解約した投資家から徴収されるもの。

MRF

いつでも手数料なしで換金できます。

あわせて読みたい記事



Copyright(c) 2018 資産運用を始めてみましょう! All Rights Reserved.