資産運用を始めてみましょう!

「投資信託」とは、一般的に「投信」とか「ファンド」と呼ばれるものです。

お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用入門・失敗の少ない投資信託のしくみ

「投資信託」とは、一般的に「投信」とか「ファンド」と呼ばれるものです。証券会社や銀行などの販売会社が、多くの投資家から資金を集め、ひとつにまとめたのが「信託財産」。この大きな資産を、投資信託会社によって運用する金融商品が「投資信託」なのです。集められた資金は基本的に公社債や株式といった有価証券や不動産などに投資されます。そこで得た運用損益を投資額の割合に応じて、投資家に還元します。運用成績が悪い場合、元本割れが起きても販売会社が元本保証をするものではありません。
ふつう「投資信託の契約」は、「受益者」「委託者」「受託者」の3者で成り立っています。それぞれの分野の専門家が役割分担をすることによって、厳正で効率的な運営がなされているのです。
「受益者」とは、投資信託を購入する投資家。投資信託を購入することで、収益を受け取る権利があるという意味です。「委託者」は運用を担当する投資信託会社。投資家である「受益者」の利益のために、忠実に業務を遂行するように義務づけられています。
「受託者」は、信託財産を管理する信託銀行を意味します。「委託者」から受けた信託財産の運用指図に従って、証券、金融市場での売買を行います。

投資信託のしくみ

販売会社が「投資信託」の販売、分配金、償還金の支払いなどの業務窓口

投資信託会社が販売窓口を通じて、多くの投資家から集めた資金の運用を指図

信託銀行が運用資産を管理

あわせて読みたい記事



Copyright(c) 2018 資産運用を始めてみましょう! All Rights Reserved.